logicalyze::blog

Archive for the ‘PHP’ tag

新ドメイン、新サーバーでブログを再開・・・

leave a comment

突然、ブログが強制停止されてしまったので、それ以前に使用していたMovableTypeを使ったDiary(日記ブログ)やAS2PP(技術ブログ)を復活させ差分をコピペして当面はしのごうと思ったのですが、この際、CPIサーバーでの再開を諦めて別ドメイン、他社レンタルサーバーで再開することにしました。

まず前回のエントリでも分かるようにPHPが暴走して(?)CPUを占有したことでブログの表示部であるindex.phpを強制的にロックされてしまったわけですがメールを見ても原因の特定が不可能だし、サーバー会社も起きた状況に対してロックと言う結果を出しただけで原因を特定しようとする姿勢が全くないのでこちらも深入りするのも時間の無駄というもの。

と言うことで、昨日の夜中に思い立って始めたんですが今回は以前から気になっていた「ヘテムル」を使ってみることにしました。そしてここはドメイン取得を系列会社の「ムームードメイン」と言うところでやるのですがどちらも契約から使えるようになるまでが異様に早い(笑)

ドメインなんかカード情報を入力して契約完了したと同時に取得済みになってました。
サーバーの方も同様でカードによる支払い完了で即使えました。

まあ、システムやらデータベースが良い感じなのかは、しばらく使ってみるしかないけど・・・これは、どうなることやら・・・

後は、マルチドメインなので「logicalyze.com」の方のドメインは仕事上のキリの良い段階で移そうかと思います。

Written by admin

11月 3rd, 2008 at 7:55 pm

Posted in サイト情報

Tagged with , ,

WordPressメモ・・・とりあえず一段落かな

leave a comment

当サイトのブログをMovableType(logicalyze blog diary,as2app)からWordPerss(logicalyze)へ移し替えていますが何となく一段落したかなあ・・・と言う感じです。

今後は、サイトのコンテンツをこのブログのみにしたいと思っているのでソフトウエアのダウンロードページやその他、地味(笑)にアクセスのあるページをどう組み込むか思案中です。

そこで、WordPressに移行する際にいろいろトラブルもあったので現時点までの「まとめ&個人的メモ」です。
特にトラブルの核になったのはエンコード(UTF8)に関わることです。

■サーバーの設定関係(私の利用しているレンタルサーバーでは必要)

「php.ini」ファイルを変更しWordPressディレクトリ直下に置く
利用可能なバージョンが複数あったが(PHP 4.4.1)を選択

mbstring.internal_encoding = utf-8
mbstring.encoding_translation = Off

「.htaccess」ファイルを作成しWordPressディレクトリ直下に置く
これはそのディレクトリ以下でPHPを利用可にするとともにいくつかの設定を行う

AddHandler x-httpd-php441 .php ←利用するPHPバージョン
suPHP_ConfigPath /usr/home/(ユーザー)/html/wp/ ←利用するphp.iniファイルのパス
Options +FollowSymLinks  ←シンボリック・リンクを許可する

■利用中のプラグイン(同梱以外)

→ All in One SEO Pack(検索エンジンに最適化するのためのプラグイン)
→ Google Analytics for WordPress(Google Analyticsへデータを渡すプラグイン)
→ iG:Syntax Hiliter(コードシンタックスをハイライト表示するためのプラグイン)
→ SBM Popular Entry(ブックマークのためのプラグイン)
→ Simple Tags(タグを管理するプラグイン)
→ Viper’s Video Quicktags(YouTubeのようなビデオタグを簡潔に書けるプラグイン)
→ WP-SWFObject(SWFの埋め込みを簡潔に書けるプラグイン)
→ WP Multibyte Patch(日本語文字化け(バグ?)対策のためのパッチ)
→ WP-SpamFree(コメントスパム対策用プラグイン)
→ Simple Trackback Validation(トラックバックスパム対策用プラグイン)
→ Stats(アクセス解析プラグイン)

以上、メモでした。

そう言えば、昨日ニュースでWordpress2.5英語版がリリースされたようです。
管理画面には「新しいバージョンが利用可能です」と表示されてますがすぐアップデートするのも怖いのでしばらくはこのままいきます。
あっ・・・でも、旧コンテンツがすべて残っている今の時点でやった方がリスクが少ないかなあ・・・

■追記
日本語版もリリースされていたのでさっそくアップグレードしてみました。管理画面の見た目がかなり変わりました。

でも、Simple tagsプラグインの投稿時のタグリストが表示されなくなってしまいました。(翌日にはアップデートされました)

Written by admin

3月 31st, 2008 at 11:14 am

CodeGearがSWF用RADツールを作る可能性・・・

leave a comment

アップデート案内葉書

かなり昔からBorland(現CodeGear)C++Builderのユーザーだったので今でもアップデートの案内が送られてきますが今はデスクトップアプリケーションを書かなくなっているのでアップデート料金を考えるとそう簡単にはアップデートできないですね。

でもアップデートしないでいるとそのうち権利を失いそうですが・・・(笑)

ところで、CodeGearの作るRADツール(DelphiC++Builder等々)は定評があるので「Flex 3 SDK」や「AVM2」のオープンソース化に伴ってSWF用のRADツールを出してくれないだろうかと密かに思ってました。

特に最近はPHP向けの開発環境「Delphi for PHP」やRuby向けの開発環境「3rdRail」と言ったスクリプト系の開発環境を多く出しているので・・・

で、本日付、THINK ITのキーパーソンインタビュー記事「CodeGearがRubyに注目する理由」を読んでみると以下のような注目すべき発言がありました。

― Ruby以外に興味がある注目している言語はありますか?

いまはPythonの動きに注目しています。それ以外にもAdobeのActionScriptやApolloなどにも注目しています。また言語そのものではありませんが、最近はデュアルコアのCPUを搭載したPCがたくさん出てきていることもあり、こういったCPU環境を活かすための、既存の言語の拡張にも興味があります。

もしかしてCodeGear版FlexやAIRの統合開発環境(IDE)が出るかもしれませんね・・・?!

個人的には、かなり期待してます。

Written by admin

9月 20th, 2007 at 1:56 pm

Posted in 雑感コラム

Tagged with , , ,

Adobe PHP SDKプロジェクト(非公式)

leave a comment

adobeAdobeMike Potter氏のブログによると非公式ながらAdobe PHP SDKと呼ばれる新しいプロジェクトがスタートしたようです。

Adobeがやってるので当然、自社のSpry framework for AjaxFlex2.0とPHPバックエンドシステムとの接続に特化したライブラリになっていて、ファイルにはサンプルも多数付属してるとのこと(未確認)。

もしかしてAMFPHP Projectに対抗???

Spry frameworkも、知らぬ間にバージョンナンバーが上がってますね(笑)
最新版は、「Spry framework for Ajax prerelease 1.3」です。

現在、Mike Potter氏のブログにてダウンロード可能です。

興味のある方はどうぞ!

■追伸(8/17)
この記事の直後にアップデート版がでたようなので要チェック!

Written by admin

8月 16th, 2006 at 1:16 pm

丸ごと読み書きする(PHP)

leave a comment

phpFlash(ActionScript)だけでは、データを保存することができないので、Perl、PHP、Ruby、Python等のいずれかのサーバースクリプトを利用することになります。

ここでは、PHPを使ったシンプルな読み書きをメモ用にまとめてみました。

一行ごとに処理する方法(汎用のFileManagerクラス等も存在する)もありますが、データ行数が少ない場合は個々のデータ処理をActionScript側で行い、POST送信された変数をPHPで丸ごと読み書きした方が簡単(ロジックがシンプル)です。

  • 丸ごと読み込む(エラー処理は省略) 場合によっては、”rb”にする
  • < ?php
    $fp=fopen("download.xml","r");
    $load=fread($fp,filesize ("download.xml"));
    print $load;
    fclose($fp);  
    ?>
    
  • 丸ごと書き込む(エラー処理は省略) 場合によっては、”wb”にする
  • < ?php
    $fp=fopen("download.xml","w"));
    $data =stripcslashes($HTTP_POST_VARS&#91;"send_data"&#93;);
    flock($fp,LOCK_EX);
    fwrite($fp,$data);
    flock($fp,LOCK_UN);
    fclose($fp);
    ?>
    

    「send_data」は、Flash側からPOST送信される変数名(プロパティ)。
    stripcslashes()関数は、送信された文字列をアンエスケープする(必要な場合)
    上記のサンプルではXMLデータをやり取りしてるので文字列内にシングルクォート(’)やダブルクォート(”)やバックスラッシュ(\)、ヌル文字を含む場合はActionScript側でエスケープする必要があるので、当然PHP側でアンエスケープする。

    Written by admin

    8月 11th, 2006 at 11:30 pm

    Posted in PHP

    Tagged with ,