logicalyze::blog

Archive for the ‘Flash’ tag

Flash Builder 4.7でQuickFix機能が効かない場合がある

leave a comment

Flash Builder 4.7でFlashプロジェクト(fla)を作成した場合(又は、Flash ProからコードエディタとしてFlash Builder 4.7を指定した場合)、”クィックフィックス”機能が何故だかまったく動作しない(#・∀・)

ネットで検索しても、このネタが見つからないのでウチだけの問題かと思ったけど試しに入れてみたFlash Builder 4.6(試用版)では全く問題なかったので、確かに4.7のみの問題のようです。

Creative Cloudのライセンスでは、4.6を入れられないので役に立たねぇなああ(#・∀・)

Written by admin

10月 30th, 2013 at 3:38 am

”ActionScript 2.0”と”AVM1”は、寿命はいつまで?

leave a comment

Flash Pro CC setup

最近は、めっきりその需要が減ってしまったFlashですが色んな意味で今後の展開が気になっています。
その中でも一番気なっているのが”ActionScript 2.0”とその再生ランタイム(ActionScript仮想マシン)である”AVM1”の行方(寿命)です。

Flash Player 10以降の機能を使うとすれば既にその時点でActionScript 2.0で書くと言う選択肢はなかったのですが最新(9月現在)のFlash Pro CCでは”ActionScript2.0”自体が実装されていません。(↑上図)

で、何を心配しているかと言うと過去に作ったコンテンツ(ActionScript 2.0+Flash Player 8)が今後いつまで動作可能かと言うことです。

ウェッブデザインとしてのFlashであれば、HTML5に新たに書き換える(またはイチから作る)と言うことが第一選択肢として考えられますがウェブアプリケーションのような場合、現在のHTML5では機能的にまだまだ置き換えができません。

今後、いつまでそのコンテンツ(アプリケーション)が使われるのかをクライアントに確認して、場合によっては”ActionScript 3.0”への書き換えを勧めたほうがいいですかね?

ちなみに来月(10月)にFlash Pro CCの次のメジャーアップデート版が登場予定です。
またまた大きく変化するようなのでどうなることやらです。

また年末には個人的にCleative Cloudの契約が切れるので更新すべきか迷うところです。
最近、アドビ製品を使う需要がほとんど無くなっているので・・・

Written by admin

9月 27th, 2013 at 5:21 pm

ぶっちゃけ、CS6ってどうなの?盛り上がってる??

leave a comment

Adobe CS6が発売されて数日経つけど、例えばネットメディアで新機能に関する特集記事が大々的に組まれているとか、ユーザーによるブログ等でのレビューがたくさんあるとか、今のところほとんど見受けられません。

もしかして、まだ発売されていない?(そんなことないよね)

少なくとも体験版のダウンロードが開始されているのでもうちょっと取り上げられても良いような気がするけど・・・なんか盛り上がっていないですよね???

みんなアップグレードしてないのかなあ・・

Written by admin

5月 15th, 2012 at 2:53 pm

Posted in Flash/Flex

Tagged with , , ,

Flash CS6は、不満を解消してる・・・?!

leave a comment

前回前々回の投稿で、Flashでのモバイル開発におけるプレビューの問題や機能拡張(&外部演算)についての不満を書きましたがYoutubeに投稿されているFlash CS6の概要ビデオを見ると少なくともプレビューに関する部分は改善されてそうです。

ANE(ネイティブ拡張)に関しては今のところ可能な範囲が見えてないので評価保留です。

ところで、ネイティブ拡張をするということは、例えば、iOSならばXcodeでObjective-Cを使って書くということになるので私のようなグループ開発をしない人間にとっては二度手間のような・・・

じゃあ、”最初からObjective-Cで書けよ!”って話ですかね・・・(^^)

■ Adobe Flash Professional CS6: New Features Workshop Trailer


Read the rest of this entry »

Written by admin

5月 2nd, 2012 at 2:55 am

Posted in AIR / ActionScript

Tagged with , ,

既存のFlashコンテンツをiOS用に書き出してみた:2

leave a comment

前回の追加情報です。

アプリの起動時に表示されるスプラッシュ画像の設定方法についてです。

設定は簡単で下記解説画像にあるように「Default.png」と名前をつけたPNGフォーマットの画像を同梱するだけです。

ただし、今回のテストのように画面をlandscape(横向き)で使っていてもがスプラッシュ画面はportrait(縦向き)が起動時の基本位置のようなので注意が必要です。

Flashに関しては、とりあえず、これぐらいで・・・いいかなぁ(^^)

今回は、既存のFlashコンテンツをiOSアプリに書き換えることを目的にテストしましたが、ひと通りやってみた感想は、意外とFlashを使ってiOSアプリを作るのは簡単だということです。

ただ、モバイル特有のタッチイベントやジェスチャ、その他、加速度センサー等々の検証は実機に送ってみるまで動作検証が出来ないのでその点はちょっと面倒臭いなあと思いましたね。

XcodeのiPhoneシュミレータのようなものがあればある程度PC側だけで作り込めるんだけど・・・

後は、Flashで作ることによる機能面の限界や動作スピードも色いろあると思うけどシンプルな2Dゲームあたりだったら簡単に行けそうな気がします。(Stage3Dを使わなくても)

要は、AIRランタイムのAPIで完結するアプリはまったく問題無いと思いますがそれ以上はちょっと・・・

Written by admin

5月 1st, 2012 at 2:12 am

Posted in AIR / ActionScript

Tagged with , ,