logicalyze::blog

Archive for the ‘AS2’ tag

FlashDevelop 3.0.0 RC1 が登場

leave a comment

FlashDevelop 3.0.0 RC1 がリリースされたようです。

ダウンロードは下記リンク先のリリースページから。

■ 変更点は以下を参照

* The editor font can now be defined in the settings.
* Live syntax errors highlighting (AS3).
* Automatic type selection after “new” with typed vars.
* Explorer shell menu has been added to “Files” and “Project” panels.
* Smart contextual event type completion, if declared with Event() directive.
* You can double-click on a class when exploring a library SWC to see the class model.
* Completion automatically adapts to the project’s Flash Player target version (FP9, FP10, AIR).
* External SWC’s (outside of the project tree) now appear like external classpaths.
* Updated MXML completion, now with effects attributes.

まだまだ仕事納めじゃない方はトライしてみてはどうでしょう・・・?!

Written by admin

12月 24th, 2008 at 7:22 pm

Posted in FlashDevelop

Tagged with , , ,

FlashDevelopの最新ビルドでFP10をサポート

leave a comment

FlashDevelop.org のフォーラムニュースに「Flash Player 10 support in FlashDevelop」と言うエントリが載っていたのでいつものようにやってみました。

とりあえず最新ビルド(rev.2297)でFlash Player 10に対応したようですが現在の正式リリースはあくまでbeta7なので自己責任でどうぞ。

コード補完の対応は、Vector型のみ?・・・他の新規メソッド関連は検証していないのであしからず。

サンプルプロジェクトもあったので一通りセットアップしビルドしてみました。

問題なくパブリッシュできました。

■ FP10でパブリッシュするために必要なこと

Flex SDKは、デフォルトの設定がFP9なので「frameworks\flex-config.xml」を修正する必要があります。
今回のビルド( rev. 2297 )ではプロジェクトプロパティからターゲットプレイヤーを選択できるのでこの選択が反映するようにXMLを書き換えます。(その他、各設定方法を参照のこと

このあたりの修正はFlex Builderを使用する場合でも必要になってきますが多少の違いがありますのでFlashDevelopと併用する場合はご注意ください。

■ 追記

→ Flash Player 10 API ドキュメント!(flashplayer10_as3langref_052008.zip)

Written by admin

5月 23rd, 2008 at 11:06 pm

Posted in FlashDevelop

Tagged with , ,

FlashDevelop 3がベータ7に・・・

leave a comment

ウィンドウズプラットフォームのActionScriptコーダーにとっては定番エディタとも言える「FlashDevelop v3」がベータ7になりました。

→ 詳細はこちらのリリースノートをご覧ください。

FlashDevelopの何が便利なのかと言えば、このエディタとオープンソースのFlex 3 SDKさえあればAVM2対応(ActionScript3で記述)のSWFが作成できてしまうことでしょう。

もちろんActionScript2.0用のオープンソースコンパイラMTASCを利用することでAVM1対応のSWFを生成することもできます。

それ以外にもFlashDevelopにはコードジェネレーターと言う機能が有り、任意のカーソル位置で任意のキー(の組み合わせ)を押すことでイベントハンドラやゲッタ、セッタ等を自動的に生成することができます。
商用版のFDT(ActionScript専用Eclipseプラグイン)は、高性能のコード生成(補完)機能を持っていますが、こちらはかなり高価なので比較対象外ですかね。(笑)

このあたりに関しては、_level0.CUPPYさんのブログエントリ「FlashDevelopのコード補完機能」が詳しいのでそちらをどうぞ。(第二弾解説もありそうです)

一時期は、「SE|PY ActionScript Editor」をよく使ってましたがかなり前に開発が止まってしまったことと開発者自身がFlashDevelopのサポートに回ったようなので私自身も最近はFlashDevelopに乗り換えFlashの外部エディタとしてもよく使うようになりました。

Written by admin

4月 19th, 2008 at 11:19 pm

Flash ActionScript Handbook 4th Edition 正誤リスト

leave a comment


★★ メールによる個別のQ&Aは一切行っていませんのでご了承ください ★★
[ 訂正 ] 3-2 P102 – P107 TextFieldクラスメソッド名が違う(スクリプト)
< thanks tsushima-san > [8/21/2006]

このセクションで使用するメソッドは「setNewTextFormat()」ではなく、「setTextFormat()」です。

_root.news_txt.setNewTextFormat(obj_fmt); –> _root.news_txt.setTextFormat(obj_fmt);

☆サンプルFLAを利用する際は修正してお使いください。


[ 訂正 ] 2-13 P89 シンボルのタイプ(分類)が違う(解説のみ)
< thanks zak zak-san > [5/30/2006]

たとえば、ライブラリ内の「photo」という MovieClipシンボル 〜

たとえば、ライブラリ内の「photo」という ビットマップシンボル 〜


[ 訂正 ] 3-6 P125 CSSのリンクにデコレーションを使うとテキストがずれる
< k.otsuka > [3/21/2006]

mystyle.cssでテキストにリンクが含まれる場合のデコレーション処理をしていますがカーソルオーバー時にリンクテキストが右側に大きくずれるようです(バグ?)


a:link {color:#990000; text-decoration:none;}
a:hover{color:#990000; text-decoration:underline;}
a:visited{color:#990000; text-decoration:none;}


赤字部分を「none」に変えるか、上の三行を丸ごと削除してください。


   
   
   

[ 補足情報 ] 10-3のサンプルファイルについて
< k.otsuka > [3/21/2006]

Google Mapを動作させるにはGoogleに会員登録し設置するURLディレクトリ毎に専用APIキーを取得する必要がありますのでサンプル付属のHTMLをローカル上で立ち上げても何も表示されませんし動作しませんのでご注意ください。


   
   
   

[ TECHNOTE ] ビットマップ形式で書き出すと 9 スライス機能が無効になる
[ TECHNOTE ] Video Encoder を使用した FLV ファイルの書き出し方法
[ TECHNOTE ] 非表示のボタンに適用したフィルタ効果が正常に機能しない
[ TECHNOTE ] Flash 8 新着問題
   
   

Written by admin

3月 28th, 2008 at 3:50 pm

Posted in

Tagged with , ,

Flash ActionScript Handbook 3rd Edition 正誤リスト

leave a comment


★★ メールによる個別のQ&Aは一切行っていませんのでご了承ください ★★
[ 訂正 ] 3-2 P68-P73 TextFieldクラスメソッド名が違う(スクリプト)
< thanks tsushima-san > [8/21/2006]

このセクションで使用するメソッドは「setNewTextFormat()」ではなく、「setTextFormat()」です。

_root.news_txt.setNewTextFormat(obj_fmt); –> _root.news_txt.setTextFormat(obj_fmt);

☆サンプルFLAを利用する際は修正してお使いください。


[ 訂正 ] updateAfterEvent()の扱いについて
< thanks nonaka-san’s web site flash unofficial techenote >  

MC.onEnterFrameイベントでのupdateAfterEvent()はまったく必要のない処理ですのでサンプルを利用する場合はコメントアウトするか削除してください。
(ただしあることによってエラーが発生するわけではありません。)


[ 訂正 ] 3-1 P67 乱数の発生範囲括弧内の解説に間違い
< thanks mutoh-san > [1/12/2005]

乱数の発生は、//0 <= n < 1 // なので1を含まない。

上記の数式を理解したつもりで括弧内の解説を入れましたが言葉が間違っていたようですので日本語より確実な数式に変更いたします。
その他のセクションに同様の解説があった場合は同じ変更だとご理解ください。

0.0〜1.0//(0以上1以下)  ——–> //(0 <= n < 1


[ 訂正 ] 3-1 P65 ランダム値の範囲が違う(解説のみ)
< thanks takagi-san > [1/10/2005]

x = a + Math.random()*(b-a)
// 20 + Math.random() * 200 //

スケールに//20〜200%  ——–> //20〜220%のランダム値を割り当て
ランダム値の範囲は//20〜200  ——–> //20〜220です

P66上部の画像解説

//20〜200  ——–> //20〜220でランダムリサイズ


[ 訂正 ] 3-3 P78 ランダム値の範囲が違う(解説のみ)
[1/10/2005]

x = a + Math.random()*(b-a)
//1 + Math.random() * 3 //

サンプルでは//1〜3  ——–> //1〜4のランダム値が

スクリプト内解説の訂正(ランダム範囲)

生成した//1〜3  ——–> //1〜4までの乱数のうち

P79
サンプルでは//1〜6  ——–> //1〜7のランダム値が

※ランダム値の範囲に関して数値を示して解説してるところは上記2サンプルの4箇所のみでその他セクションのサンプルではランダム範囲を数値を示して解説していませんのでそのまま任意の範囲でランダム値を生成するものとしてご理解ください。


[ 訂正 ] 6-4 P204 addRequestHeader()メソッドの分類が違う。
[3/29/2004]

分類はメソッド


[ 訂正 ] 1-3 P22 の参考スクリプトの変数名が一部違う。
[3/29/2004]

(変数宣言部の変数名からアンダースコアをトル)
_rotation_h  ——–> rotation_h
_rotation_m   ——–> rotation_m
_rotation_s   ——–> rotation_s

($を削除)
if ($hours>12)  ——–> if (hours>12)


[ 訂正 ] 3-2 P69 のサンプルスクリプトの_root表記にアンダースコアが抜けている。
[3/29/2004]

root.onData  ——–> _root.onData
root.news_txt  ——–> _root.news_txt
root.up_btn.onPress  ——–> _root.up_btn.onPress
root.down_btn.onPress  ——–> _root.down_btn.onPress


[ 訂正 ] 8-3 P259 のサンプルスクリプトの関数名のスペル間違い。( r –> l )
< thanks cube-san > [3/1/2004]

//crearInterval(id)  ——–> //clearInterval(id)


[ 訂正 ] 3-1 P65 のサンプルスクリプトの_root表記にアンダースコアが抜けている。
< thanks imamura-san > [2/10/2004]

root.image_mc.onPress  ——–> _root.image_mc.onPress
root.image_mc.onRelease  ——–> _root.image_mc.onRelease

root.image_mc.onEnterFrame  ——–> _root.image_mc.onEnterFrame

   

[ 補足情報 ] プラグインのバージョンチェックについて[ 9/27/2004 ]
  6-2 のプラグインバージョンチェックではプレイヤー4を認識できるようにFlash 4の言語スタイルで記述していますが実際にプレイヤー4を認識するためにはサンプルファイルをプレイヤー4でパブリッシュする必要がありますのでご注意ください。


[ 補足情報 ] イベントアクションの戻り値「:Void」表記について [ 12/26/2003 ]
  本書では、単独の関数以外のイベントアクションの記述すべてにおいても戻り値を返さないと言う意味で明示的に厳格な型指定として「:Void」表記をしていますが、これは必ず必要なものではありません。
逆に「自動フォーマット」を行うと削除されてしまいますのでこの辺は臨機応変でお願いします。

[ TECHNOTE ] ヘルプに記載されているビヘイビアについて [ 1/10/2004 ]
[ TECHNOTE ] 起動時にスタートページを表示させたくない [ 1/10/2004 ]
[ TECHNOTE ] Flash MX 2004と旧バージョンのファイルとの互換性 [ 1/10/2004 ]
   

Written by admin

3月 28th, 2008 at 3:49 pm

Posted in

Tagged with , ,