logicalyze::blog

iMac-27が勝手にスリープを繰り返し困ったことに・・・

0 コメント


本日、いつものようにiMac-27を起動し、いつものようにGoogle RSSリーダーで記事をチェックしていたら突然モニター画面がオフになってしまいました。

「あれっ」と思いスペースバーを押してみても画面が戻らず、一度背面の電源スイッチを押した後スペースバーを押すとハードディスクの唸り音が聞こえて一瞬画面が戻るのですが、2〜3秒後にまた画面がオフにの繰り返しでまったく作業ができません。ちょっとやばいなあと思いながらも、これはスリープを勝手に繰り返しているなということは分かりました。

とりあえず一瞬画面が戻った際にメニューから再起動を選択して再起動させたのですが症状が変わらず、これはハード的に壊れたかと思いかなり焦りました。

一旦、iMacの電源をオフにして、ノートマシン(WinXP)を立ち上げ、同様のトラブルが無いかどうかググってみました。

「iMac 勝手にスリープ」で検索してみると結構ありました。

トラブルシューティングの試すべき方法としては、「再起動」を含めていくつか載っていたので、その中の「セーフモードで起動する」と言う方法をやってみるとことにしました。
セーフモードで起動するとキャッシュをクリアしたり起動ディスクを修復してくれるらしいです。
昔で言うP-RAMクリアってことですかね?!(今も同じ??)

実際、やってみたところ(SHIFT起動)セーフモード上ではスリープの問題は起きなかったので通常起動してみたらこちらも「勝手にスリープに入ること」は無くなりました。

いやぁ~、壊れたかと思ってマジでビビりました(爆)
現在買い替え余力ゼロなので・・・(お仕事募集中です)

このマシンを買ってから2回OSをアップグレード(→ 10.7 → 10.8)しているので、その辺のこともあるのかなあ・・・

まあ、1年に1回ぐらいはセーフモードで起動したほうがいいかもね(^^)

【 関連記事 】



Written by admin

10月 13th, 2012 at 3:34 pm

Posted in Apple

Tagged with , , ,




■ スポンサードリンク  

Leave a Reply