logicalyze::blog

ChromeでもFirebug(Lite版)が利用可能になった!

0 コメント


Google Chrome 4.0でもFirebug(Lite版)が利用可能になりました。

と言うことで、さっそくインストール。

インストール方法は簡単で、Google Chrome 拡張機能ページに行きインストールしたい機能拡張を探し、そのページのインストールボタンを押すだけです。

その後、アドレス入力ボックス右横に追加された「Firebug Lite」のボタンを押せばFirefoxの時と同様にFirebugが立ち上がります。
(インストール直後は、一応ブラウザを再起動した方がいいかも・・・)

その他、Firefoxで愛用しているアドオンも次々とChrome対応用をリリースしていくようなのでHTML5の実装度の早さといい、ますますChromeの使用頻度が増えていくかもです。

【 関連記事 】



Written by admin

2月 6th, 2010 at 1:25 am




■ スポンサードリンク  

Leave a Reply