logicalyze::blog

Flash CS5 でiPhone アプリが作れるようになるらしい・・・?!

0 コメント

これは、ビックリネタですね。

つい昨日まで、手持ちのiMac-G5でどうやって「iPhone SDK」を動作させようかとあれこれ悩んでた上にこれからObjective-Cを勉強するのも面倒だなあと思ってた矢先のニュースです。

これは、iPhoneにFlash Playerが載るとかの話ではなく、Flash CS5でネイティブなiPhoneアプリを書き出せるようになるようです。(Appleは、相変わらずFlash Playerに興味が無いようですが・・・)

つまり、Flash CS5とActionScript3.0でApple App Storeの審査を通るネイティブなアプリが作れると言う、Flash プログラマにとっては画期的な話です。(たぶん・・・)

解釈に間違いがあるといけないので詳しくは下記サイトをどうぞ。

たぶん、今日あたりニュースサイトに正確な情報が載るんじゃないでしょうか・・・

最近、個人的には仕事としてのFlashプログラムもニーズが少なくなってきてちょっとモチベーションが下がり気味だったのですが久々にFlashを続けるための良いニュースかもしれません。

Flash CS5のパブリックベータ版は今年後半に登場するようです。

でも、Flash CS5は、Mac/WinどちらでもOKなのか?とか、いろいろ気になるところは残りますね。
なにせ私が所有しているのはWindows版のCS4 Web Standard スイートなので、もしマック版に限定した機能だった場合:
アップグレードをマックに切り替えられるのか?とか、
またまたCS5はインテル版マックじゃないとダメなのか?とか
そもそもiPhone独自の機能(API)にアクセスできるのか?とか・・

単に現状のFlash Player 10 用のSWFコンテンツがiPhoneアプリにコンパイルできると言うだけだとぬか喜びになりかねない。

う~ん、良いニュースなんだけどちょっと気になるなあ・・・

【 関連記事 】

    None Found



Written by admin

10月 6th, 2009 at 3:34 am




■ スポンサードリンク  

Comments are closed.