logicalyze::blog

「Google Translator Toolkit」は、使えるか?!

0 コメント

Google Translator Toolkit

Googleから登場した新しい機械翻訳サービス「Google Translator Toolkit」を早速使ってみました。

とは言え、Googleには、これまでにも「Google翻訳」と言うWEBサービスがあってFirefoxブラウザを使うときのみに使ってましたが市販のパッケージソフトと比べると翻訳精度がかなり低い。

ちなみに普段使っている翻訳ソフトウエアは、「The翻訳 2008 ビジネス」と「本格翻訳6 ゴールド」。
どちらも通常のアプリケーションとしてか、IEのアドオンとして動作します。
でもIEをほとんど使わなくなっているので翻訳したいWebページをあらためてIEで立ち上げるか、ページ内のテキストをコピーして翻訳ソフトにペーストするのも何か面倒くさい。

WEBサービススタイルの翻訳サービスはたくさん存在するし、基本的な翻訳エンジンが通常のパッケージ製品と同じだったりするのでIE以外のFirefoxやChrome等でもWeb翻訳をできないわけではないですが、市販パッケージとの大きな違いはやはり単語登録(ユーザー辞書)ができるかどうかですよね・・・それと学習機能があるかどうか・・・

この新しい「Google Translator Toolkit」は、グーグルアカウントを持ったユーザー独自のサービスで学習機能もあるし、「Translation Memory」と言った他の人が翻訳した文書等から似たフレーズ探してきたりと、これまでの翻訳サービスより、翻訳精度の向上が見込めそうです。

市販パッケージソフトウエアも翻訳精度が上がったかどうかもよく分からず毎年バージョンアップに金を払ってるのも何だかなあ・・・と言うのもあるので、「Google Translator Toolkit」にちょっと期待です。


英日/日英翻訳ソフト The翻訳 2009 ビジネス 英日/日英翻訳ソフト The翻訳 2009 ビジネス

東芝ソリューション 2009-02-20
売り上げランキング : 439
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools


本格翻訳 6 USBメモリ版 本格翻訳 6 USBメモリ版

ソースネクスト 2008-10-03
売り上げランキング : 3587

Amazonで詳しく見る by G-Tools

【 関連記事 】

    None Found



Written by admin

6月 10th, 2009 at 11:08 pm

Posted in Googleサービス

Tagged with ,




■ スポンサードリンク  

Comments are closed.