logicalyze::blog

AMFPHPの準備(その2)

0 コメント

「flashservices」フォルダが準備できたら、examples/basicフォルダ内にあるgateway.phpをflashservicesフォルダに移動します。
後でサンプル(examples.fla)を動かしますので、ついでにexamples/basic/servicesフォルダ内のファイルをflashservices/servicesフォルダ内に移動します。
これらのファイルはパスさえ通っていれば本来移動する必要のないファイルですがパス位置を固定することによりActionScript側で記述する際に少しだけ楽になります。

<ActionScript例>(赤字は絶対パス

NetServices.setDefaultGatewayURL("http://xxx/flashservices/gateway.php");

■gateway.phpの中身(赤字は相対パス
(移動後は赤字のパス部分を下記の内容に変更する)

< ?php
 include "./app/Gateway.php";
 $gateway = new Gateway();
 $gateway->setBaseClassPath("./services/");
 $gateway->service();
?>

(続く・・・)

flashservice

【 関連記事 】

    None Found



Written by admin

8月 8th, 2004 at 11:39 pm




■ スポンサードリンク  

Comments are closed.