logicalyze::blog

DPC による遅延頻発で困った・・・

0 コメント

現在メインマシンとして使用しているWinノートPC(NEC Lavie-G : WinXPsp3、AMD Turionx2 Dual CPU、1GBx2 Dual Memory)の調子が悪くて困っています。

と言うのは、頻繁に過負荷状態のようなことが発生しオーディオ再生時に音がブツブツ途切れたり・・・一時的(2~3秒)にシステムがフリーズしたような状態になり何もできないかマウスがカクカクとなったり・・・と仕事するにはかなりしんどい状態です。
このCPUに過負荷がかかったときにiMac-G5のようにファンの音が大きくなるのですぐに分かります。

この過負荷状態の問題を調べるためにいろんなチェッカーを使ってみました。

どれも一長一短なのでどれが良いというのはないけど、とりあえずCPUモニターで過負荷がかかったときに発生しているのは「DPCs」だと言うことが分かりました。(DPC Latency Checkerを知ったのはこの後です)

このDPC (Deferred Procedure Call-据え置きプロセス呼び出し) と言う奴はデュアルCPUであるがゆえの問題のようです。
実際、家にはWindowsXPマシン(DELL)がもう一台あって、そちらはCPUがP4(1.8GHz)でメモリが768MBなのですがこう言った問題はまったく発生していません。

グレードの高い方がトラブってると言う悲しい状況です(笑)

ググってみると「レジストリのProcessorAffinityMask の値を 0 に設定すると解決するらしい」とあるのでやってみたがあまり効果無し。

HKEY_LOCAL_MACHINE System CurrentControlSet Services NDIS Parameters
ProcessorAffinityMask のデフォルト値(または省略時値)は 「0xffffffff」

とりあえずは割り込み遅延を起こしそうなサービス(アイドリング状態でCPU負荷を定期的に起こすもの)を停止し様子を見ることにしました。

これはOSの根本的な問題なのかなあ・・・?
でも、使い始めはそれほど問題なかったような・・・??

誰か・・・良い解決策を知ってたら教えてくれぇ~~!!

【 関連記事 】

    None Found



Written by admin

11月 27th, 2008 at 4:09 pm




■ スポンサードリンク  

Comments are closed.