logicalyze::blog

丸ごと読み書きする(PHP)

0 コメント

phpFlash(ActionScript)だけでは、データを保存することができないので、Perl、PHP、Ruby、Python等のいずれかのサーバースクリプトを利用することになります。

ここでは、PHPを使ったシンプルな読み書きをメモ用にまとめてみました。

一行ごとに処理する方法(汎用のFileManagerクラス等も存在する)もありますが、データ行数が少ない場合は個々のデータ処理をActionScript側で行い、POST送信された変数をPHPで丸ごと読み書きした方が簡単(ロジックがシンプル)です。

  • 丸ごと読み込む(エラー処理は省略) 場合によっては、”rb”にする
  • < ?php
    $fp=fopen("download.xml","r");
    $load=fread($fp,filesize ("download.xml"));
    print $load;
    fclose($fp);  
    ?>
    
  • 丸ごと書き込む(エラー処理は省略) 場合によっては、”wb”にする
  • < ?php
    $fp=fopen("download.xml","w"));
    $data =stripcslashes($HTTP_POST_VARS&#91;"send_data"&#93;);
    flock($fp,LOCK_EX);
    fwrite($fp,$data);
    flock($fp,LOCK_UN);
    fclose($fp);
    ?>
    

    「send_data」は、Flash側からPOST送信される変数名(プロパティ)。
    stripcslashes()関数は、送信された文字列をアンエスケープする(必要な場合)
    上記のサンプルではXMLデータをやり取りしてるので文字列内にシングルクォート(’)やダブルクォート(”)やバックスラッシュ(\)、ヌル文字を含む場合はActionScript側でエスケープする必要があるので、当然PHP側でアンエスケープする。

    【 関連記事 】

      None Found



    Written by admin

    8月 11th, 2006 at 11:30 pm

    Posted in PHP

    Tagged with ,




    ■ スポンサードリンク  

    Comments are closed.