logicalyze::blog

Archive for the ‘iOS / Objective-C’ Category

Apple Developer Program を更新

leave a comment

adc0425

Apple Developer Program を契約期限切れギリギリで更新(3回目?)しました。

今まで開発ツールのチェックを含めていろんなデモを作っているけど、まだ一本もApp Storeデビュー(リリース)していません(;_;)

なんだかお金がもったいないけど実機でデモ(テスト)するためには必要な契約なので諦めましょうwww

Written by admin

4月 22nd, 2013 at 3:30 pm

Posted in Apple,iOS / Objective-C

Tagged with , , , ,

Objective-Cがもっと使いやすくなるらしい

leave a comment

今回、iOSアプリ(ミキサーアプリのテスト)を作る際に、久々(約二年ぶりぐらい)にXcodeとObjective-Cを使ったのですが細かいところで色々進化しているようです。

まずメモリ管理に関する部分です。
とにかくオブジェクト(NS何とか)を使う際のメモリ管理が面倒くさかったのですがXcode4.2以降ではARC機能というのが導入され確保したメモリを破棄するタイミングを気にする必要が無くなりました。
(release, autorelease、dealloc等々)

次に上図の新規プロジェクトを作成する際のチェック項目にもあるように「Storyboard」と言う概念ができて画面推移をたくさん行う場合などに、コントロールしやすくなりました。
(チェックボックスにあるUnit Testに関しては詳しくないので省略)
Read the rest of this entry »

Written by admin

5月 16th, 2012 at 4:34 am

Posted in iOS / Objective-C

Tagged with ,

Xcodeで実機転送できないのはiPadのOSバージョンが最新だから?

leave a comment

ここ数日、Xcodeを使ってスマートフォン用(iPhone/iPad)のテストアプリを作っているのですがオーガナイザーではデバイスを認識しているのにXcode側でデバイスが認識されないと言う問題が起こっていて実機転送ができていない状況です。

久々に、Xcodeを使っているので何が問題なのかを見つけるのに一苦労です。

で、この状況をググってみると、それが正解かどうかはわかりませんが以下のようなものを見つけました。

■ XcodeでiPhoneを認識しない。
– XcodeのバージョンよりiPhoneのOSバージョンが新しい。
– Xcodeをアップデートする。

確かに現在使用しているのは、Xcode 4.2で搭載されているSDKは、5.0 までになっています。
それに対してiPadの方は数日前iTunesを立ち上げた際にOSのアップデートアラートが出ていたのでそのままアップデートし、現在はiOS 5.1.1になっています。

じゃあXcodeを最新のものにアップデートすれば良いかというと、この辺りが悩ましいところです。

最新のiOS5.1に対応したXcodeは、「Mac OSX 10.7」以降になっているので現時点の自分のOS環境では使えないことになります。

iPadの方をダウングレード(又は工場出荷時に戻す)すると言う荒業もできなくはないですが、まあ・・やめておきましょう。

MacOSのアップグレードも現在進行形で使用しているソフトウエアに影響を及ぼすのでこちらもしばらくはやめておきます。

と言う事で、解決方法がググった内容で正解だとすると・・当面何も出来ず・・です。(:_;)

■ 追記
後日、何度かめに立ち上げた時にはXcode側で実機を認識していたのでモバイル側のOSのバージョンは関係なかったようです。

Written by admin

5月 11th, 2012 at 3:39 pm

ついでに、iPad版も作ってみたがXcodeから実機に送れない

leave a comment

昨日は、iPhone版の6チャンネルミキサーを作りましたが、今日は、iPad版の12チャンネル仕様のミキサーを作ってみました。(12チャン分のトラック音源があったので)

今回も、シュミレータ上では問題なく全て再生されています。

iPad版を作ってみたのは実機のiPadでチェックしてみようと言う前提があっての事だったのですが、オーガナイザー上では問題なくiPadが認識されていてプロビジョニングファイルもXcode開発用に生成したワイルドカードものをインストールしているのですが何をやってもXcode本体側でデバイスを認識しないので実機転送ができない状況です。

じゃあ、開発版をビルドしてiTuneからインストールすればいいかとも思ったのですが、実機テスト用IPAにビルドする方法がイマイチわかっていないのでまたまたハマリ気味です。

とりあえず、Xcodeの問題もあるので、これにてひとまず終了です。

次は、CoronaSDKをやってみようかなあ・・・(^^)

Written by admin

5月 11th, 2012 at 7:31 am

Posted in iOS / Objective-C

Tagged with , , ,

今度は、Xcode4.2とObjective-Cでミキサーアプリを作ってみた

leave a comment

前回、Web上で動作するコンテンツとして作成したFlash版ミキサー(録音トラック付き)をiOSアプリに書き換える実験をやってみましたが、こう言うCPU負荷の高いものはAIRの機能だけでアプリ化するのは結構無理があったので、今回は純粋にXcodel4.2を使ってObjective-Cで作ってみました。

作ったのは、下図のようなステレオPCMオーディオx6トラックのミキサーです。

諸処の事情(?)からiPhoneスタイルで作ってしまいましたが、実機として持っているのはiPadだけで、しかも何故だかXcodeからiPadへのデバイス認識が上手くいかず(オーガナイザー上は認識している)iPhoneシュミレータのみでの確認です。

iPhoneシュミレータ上、6トラックのミキサーは問題なく動作しています。

Objective-Cでこう言ったオーディオ処理系のプログラムを書く場合、いくつかあるオーディオ専用のフレームワークを使うのですが、アプリ開発解説本、ネット、その他を調べても情報が少なくかなりハマりました。まあ、久々にXcodeとObjective-Cを使ったと言うのが一番だと思うけど・・
これだけ巷に楽器アプリが出回っているのに情報は意外と少ないですよね。
Read the rest of this entry »

Written by admin

5月 10th, 2012 at 2:27 am

Posted in iOS / Objective-C

Tagged with , , ,